うつ病物語 その43「うつ病による能力低下」

うつ病物語

うつ病の症状は落ち込むだけじゃない

落ち込んだり沈んだりといったメンタル面については、安定してきていたのだが、一向に改善の兆しが見えず、危惧していることがあった。それは仕事への集中力の無さや意欲の欠落、また先々のスケジュールを組んで進めていく業務が滞ることだった。

この頃、私の部署では新しい業務システムを導入するため、定期的にベンダーの者と打ち合わせを重ねており、詳細を詰めたりシステムの設定作業等を行っていた。このような時には、当然、次回の打ち合わせに備えて、内部ですり合わせをしたり、疑問点や課題を整理したり、上長に説明したりといった様々な業務が必要になるのだが、当時の私の頭では、日々、早くこうしたことをやらなくては、とは思うものの、手も頭も全然動かないのである。

これは、自分のやる気の問題だろう、一体何を甘えたことを言っているんだ、と思われるかも知れない。うつ病になる前の私でも、そのような考えが支配的だったと思う。しかし、本来の自分の状態との比較で、明らかに違っているのだ。これは、他人に非常に説明しにくく、自分自身がどう気合を入れようとも、如何ともし難かった。

何は出来て何が出来ない?

うつ病といっても、色々な状態がある。極度に落ち込んで自殺が頭に浮かぶような時は、勿論、仕事は殆ど出来ないし、家でリラックスすることも困難になる。次に、気分の激しい落ち込みは無く、一見普通に見える状態、ちょうどこの頃の私がそうだったが、この時は、家でリラックスして食事をしたり、のんびり釣りを楽しんだりすることはまずまず出来る(ただし100%楽しむことは出来ない)。

そして、この段階では仕事もある程度出来る。例えば、文章の校正をしたり、定型の損益計算書の今月分を作成するようなことは出来る。しかし、課員の状況を察知して関係部署に先手を打っておくとか、新しい社内規定をゼロから作成するとか、今回のように新しいシステム構築を主導して進める、といった仕事は出来ない。

要するに、単純作業は出来るが、新規だったり、少し高度な仕事になると極端に出来なくなるのである。私に当てはめると、管理職としての仕事が殆ど出来ないのと一緒なのだが、この当時は、なぜこのような状態に自分がなっているのかが、客観的に分からなかった。

時折訪れる、うつ病の低調期のせいなのか、それとも単に自信を失っているだけなのか、いや、そもそも能力が欠けているのか…。全部が複合的に関係しているところまでは整理していたが、打開策はどうしても出てこず、一人苦悩していた。

 

うつ病物語 その42へ     うつ病物語 その44へ     うつ病物語 その1へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました