オヤジギター

オヤジギター その25「初心者だって臆せずに好きなフレーズに行こうぜ!」

ギターを弾ける…と言えるのは何時頃? ギターを始めようと思った時の漠然とした目標は、ワタシを邦楽ロックに目覚めさせてくれた曲である安全地帯のノーコメント、特にそのイントロのカッティングが弾けるようになること、だった。 ここまで2年半を費...
思い出の曲

私が引っかかった楽曲達 メインメニュー

 アースシェイカー「EARTHSHAKER」 安室奈美恵「Body Feels EXIT」 安全地帯「ノーコメント」 「熱視線」 「じれったい」「SEK'K'EN=GO」 「ダンサー・ブルーに泣いてる・ガラスのささやき」 相川七瀬「BREA...
思い出の曲

思い出の曲 77曲目 相川七瀬「BREAK OUT!」

マイルドヤンキー?なロッカー女子「相川七瀬」 当時としても誰かのプロデュース感は拭えなかった「ちょっとツッパッた系ロッカー女子」のキャラで登場した相川七瀬。 プロデューサーの織田哲郎に見出されて1995年に「夢見る少女じゃいられない」で...
うつ病物語

うつ病物語 その183「うつ病の重篤度『軽度』『中度』『重度』はどう測る?」

うつ病の重篤度 あくまで私がうつ病の経験者だというだけの素人診断だが、寛解を目標に異動してきた10歳下の部下のうつ病は、本人との面談や普段のコミュニケーションを通じる限り、周囲、いや本人が思っているほど初期というか軽度のものでは無い...
思い出の曲

思い出の曲 76曲目 チャゲ&飛鳥「モーニングムーン」

日本を代表するデュオ! 1986年リリース。チャゲ&飛鳥の14作目のシングル。それまではアコースティック系でしっとりとしたフォークソング中心のシングルで勝負していたが、この曲は全然違う。 日本武道館のライブのアンコールで「今年はベストテ...
うつ病物語

うつ病物語 その182「元うつ病管理職と寛解を目指す部下」

元うつ病管理職と寛解を目指す部下 これから寛解を目指そうというJにとっては、発症の経緯も復帰後の経緯にも詳しい管理職が異動先にいることは、やっぱり気持ちが軽くなることだと思う。 私の場合は、うつ病の経験者ではないC工場長の対処や距離感が...
オヤジギター

オヤジギター その24「安全地帯の『ノーコメント』のカッティング技法を真に理解!」

安全地帯の皆さん(特に武沢豊さん)へ 苦しめられていたAmからDm7へのコードチェンジにも、ちまちま練習するうちに少しずつ前進(ほふく前進レベルだが…)が見られるようになったが、次はDm7からGへのチェンジ。 Gは、人差し指が3弦、中指...
オヤジギター

オヤジギター その23「ギタリストの小指は一般人よりパワフル???」

日常生活で使う指だけでギターは弾けない! 初めて一曲通して弾けるようになるために取り組んでいる曲は、安全地帯のちょいマイナー曲『ノーコメント』なのだが、そのイントロで躓いているようでは先が思いやられる。ここは地道にいくしかない。ワタシは、...
うつ病物語

うつ病物語 その181「うつ病経験のある管理職と回復途上の部下+充実期の部下」

うつ病休職から復帰した部下J 一ヶ月半の休職明けから職場復帰したJは中途入社だが、プロパー叩き上げの係長で現場全体を取り仕切っているYと同い年だった。 前職場で一緒だった彼らは気が合い、Jは気さくに振舞いながら仕事をバリバリこなすYに敬...
うつ病物語

うつ病物語 その180「うつ病の部下は、やっぱり私と同じ症状で苦しんでいた」

やはり『あそこ』はうつ病を発症する職場なのか? 一ヶ月半の休職明けで異動してきたJは、元々は工場部門の所属だったが、社内的な事情で異動になり、私がうつ病になった総務部管轄で一年近く仕事をした後、この春から新設された部署に配属されていた。 ...
思い出の曲

思い出の曲 75曲目 荻野目洋子「NON STOPPER」と「Dance Beatは夜明けまで」

2020年でも現役の女性シンガー「荻野目洋子」 女優「荻野目慶子」の妹で、1978年、小学校4年生の時に出場した「ちびっこ歌まねベストテン」で芸能界デビュー。 1984年には「未来後悔-Sailing-」で当時らしいノリの初々しいソロデ...
うつ病物語

うつ病物語 その179「うつ病から復活した私の部下として『うつ病社員』が異動してきた!」

新たな「うつ病罹患者」が発生! 休職から復帰して順調に2年が経過した私は、繁忙期につき2シフトで稼働する工場の『夜勤チーム約60名』の責任者として仕事をすることになった。 昼と夜に分かれるメンバーの人選は私が原案を作り、主力組から内々に...
タイトルとURLをコピーしました