スポンサーリンク

昭和の常識「ひらけ!ポンキッキ」

現在40歳代~50歳代の方の大多数が幼い頃に通ってきた道としては、「戦隊ヒーロー」「仮面ライダー」「変身女子シリーズ」と、今もなお脈々と続いてきたものが少なくないけど、それよりもうちょっと手前の幼児期に親しんできたシリーズがある。

NHKの「おかあさんといっしょ」とか、朝から9:00台までの昆虫とか自然等の15分番組の類だ。特に夏休みとか、風邪で学校を休んだ時にじっくりお世話になったので、私なんかは、これを見るだけで非日常感を呼び起こされてしまう。

そんなラインナップの中に、民放枠でドーンと存在感が示していたのが、1973年から1993年までフジテレビで放映された「ひらけ!ポンキッキ」という番組だ。

教育系だけどNHKほど勉強っぽくなく、「おかあさんといっしょ」を卒業した4、5歳~8歳くらいまでをターゲットにした幼児エンタメ番組で、大人が見ても結構楽しめる作りになっていた。

名曲を続々排出した「みんなのうた」

「ひらけ!ポンキッキ」には「みんなのうた」というコーナーがあり、そこでは多くの名曲が生み出されたが、この「おふろのかぞえうた」もそんな楽曲達のなかの1曲。

作詞・作曲は、あの日本歴代1位のシングル売上450万枚以上を誇る「およげたいやきくん」を手掛けた、作詞:高田ひろお、作曲:茅蔵人のコンビで、幼い子供がひとりでお風呂に入る時の心得?を数え歌形式でつづった、とても可愛らしい歌だ。

 

「おふろのかぞえうた」

ひとつとせ

ひとりお風呂に入るときゃ 湯加減ママに見てもらおう

ふたつとせ

服を脱ぐときゃカゴのなか キチンと一人でたたもうぜ

イエイエイ イエイエイ ワォワォワォワォ

イエイエイ イエイエイ ワォワォワォワォ

 

こんな感じで、10番(とおとせ)まで続き、最後は、布団に入って寝てしまおう!というオチで、子供らしい可愛さで終わる。

当時は私も小学校低学年だったが、なぜ40数年後にこのコーナーで取り上げるほどにこの曲に惹かれたのか…?それは、曲自体のユーモラスさも勿論あったが、それよりも、そのサウンドに惹きつけられたのだった。

そう!なんとこの「おふろのかぞえうた」は、当時は最先端だったテクノサウンドなのだ。

平成音楽に脈々と受け継がれていくデジタルサウンドの元祖

昭和的表現でいうところの「お茶の間」に、テクノサウンドを知らしめたのは、YMOの細野晴臣が作曲した、イモ金トリオの「ハイスクールララバイ」が先駆けだが、ほぼ同時期に、日本中の幼児の大半が鑑賞しているはずの「ひらけ!ポンキッキ」にもデジタルサウンドが進出していたのだった。

聴くと分かるが、この「おふろのかぞえうた」は気持ちのいいミディアムテンポで、僅かにトランス系が入っているせいで不思議な癖になるような味があり、聴き心地がとても良い。

歌詞が韻を踏んでいるのも面白かったが、「ひとつとせ~」や「ふたつとせ~」の「せ~」のところで、音階を上げるエフェクトがかかるのが、当時、小学生だった私と弟には面白ポイントであり、「ひらけ!ポンキッキ」を鑑賞していてこの曲がかかった時には、小躍りして喜んだものだった。

…その後、高校生から社会人になって、もうこの「おふろのかぞえうた」には、二度と出会うことはないだろうと思っていたが、今はYouTubeの時代。

気の利く方達が、しっかりと残してくれているのだった。

ああ、ありがたや…!

 

思い出の曲 54曲目へ

思い出の曲 56曲目へ

思い出の曲 メインメニューへ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事