思い出の曲 22曲目 安全地帯「熱視線」

思い出の曲

1985年リリース、安全地帯8枚目のシングル。

私が本格的に安全地帯にハマっていくのは、思い出の曲1曲目でも触れた「ノーコメント」からになるのだが、安全地帯という存在を初めて知ったのは、この「熱視線」であった。既にベストテン番組の常連だった彼らは、リーダーの玉置浩二ですら下手糞なコメントをするばかりで、まるで色気のない5人組であったが、いざ歌唱シーンとなると、その唯一無二のボーカルと卓越した演奏で、レコードと寸分違わぬ仕上がりを再現していた。

私には、その歌唱中の玉置浩二の苦悩した表情が印象的で、いやいや随分と辛そうに歌うボーカルと、やけに地味な人達だなと思った程度。その後、どっぷりとハマっていくにしては、随分とアホみたいなファーストインプレッションだった。

さて、安全地帯としては、「ワインレッドの心」で大ブレイクを果たした後、次のシングル「真夜中すぎの恋」がちょぼちょぼの売れ行き、そのシングル2曲を収録したアルバム「安全地帯Ⅱ」は売れたが、そこからシングルカットした「マスカレード」はファンが反応しただけと、「ワインレッドの心」以降はパッとせず、じわじわと一発屋の危機を迎えた。

しかし、JALハワイキャンペーンCM曲に採用された「恋の予感」が、オリコン売上43万枚の大当たり。ようやくバンドとしての土台を確立し、次のシングルが今回取り上げる「熱視線」だったが、「熱視線」は、安全地帯というロックバンドとしての勝負曲であった。

前作「恋の予感」はヒットはしたものの、基本的にピアノ曲であり、バンドとしてシングルで出す要素は希薄だった。確かに、「恋の予感」は、後に多くのアーティストがカバーしたほどの名曲ではあるが、玉置ソロで十分完成する曲であり、この曲のリリースのおかげで一発屋は回避できたものの、バンドとしては逆にピンチを迎えていた。

ロックバンドとしての成功、そして、彼らの実力を見出してバックバンドとして引き上げた井上陽水の影(「ワインレッドの心」「真夜中すぎの恋」「恋の予感」の作詞は井上陽水)を振り切るために、次のシングルは何としても、本当に自分達だけのもの、しかもバンドサウンドで成功を…、と意気込んで作られたのが、この「熱視線」だ。

スパーンとしたイントロと、ツインギターの乾いた絡みで始まるこの曲は、本当に良く出来た歌謡曲で、当時随一のニューミュージックだった。凝ったサウンドと機械的なボーカルとの歯切れがよく、緊迫感と危うさを漂わせる超名曲。

これで3度目のヒットを飾った安全地帯は、次の「悲しみにさよなら」の大ヒットで完全に大物バンドへランクアップしたが、この「熱視線」のヒットは、バンド内の求心力を保ったはずで、これが無かったら、安全地帯は早々に瓦解し、玉置浩二のソロになっていたかもしれない…と、途中からは私の想像だが、そう考えると非常に感慨深いものがある。

「ノーコメント」後に、この曲を知った私は、後にこの曲の凄さを再認識し、安全地帯の全シングルで一番のお気に入りナンバーになるのだが、その後の安全地帯が、このような曲調でシングルをリリースすることはついになく、現在に至っている。

ちなみに、この時代のシングルは、2010年にまとめて新録されており、「安全地帯HITS」としてアルバムになっている。で、この「熱視線」だが、2010年バージョンの方は、特にヘッドホンで聞くと様々な音の輪郭がくっきりしていて聴きごたえがあり、ボーカルの方もややしっとり目に歌っていて、それはそれで味わい深いのだが、やはり、あの時代にあのシチュエーションでリリースされた、鋭利で乾いた感じは消失しており、少々残念だった。何でもそうだが、”瞬間”というものの貴重さは、後になってから気付くのである。

 

思い出の曲 21曲目へ     思い出の曲 23曲目へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました