男の簡単料理 4皿目「クォーターエピス」
スポンサーリンク

クォーターエピスはブレンドスパイス

今回は料理レシピではなく、私が一番好きなスパイス「クォーターエピス」について解説!

これ、スーパーのスパイスコーナーでは、まず見かけないのですが、大活躍できるポテンシャルを持っています。

写真では今ひとつ大きさが分かりにくいですが、これは80gのもので、大体、缶コーヒーのショート缶くらいの大きさです。値段は600円くらいで、私はいつも通販サイトで注文しています(配送料が別途500円くらいかかる)。

肝心の中身ですが、まず、「クォーターエピス」というのは、あるひとつのスパイス名を指しているのではなく、「クローブス」「ジンジャー」「ナツメグ」「ブラックペッパー」の4種類のスパイスをブレンドしたもので、フランス料理の定番である、パテやテリーヌ、また煮込み料理等によく使われるようです。

どんな風味のスパイスなのか?

一口舐めてみると、最初にちょっと苦み+風味のような味わいがあり、その後でペッパーの辛味がじわーっとくる感じです。ブラックペッパーが入っているので、それなりの辛味はありますが、臭み消しや香りをプラスする効果が強く、辛くするために使うスパイスではありません。

さて、私の場合、料理全般が好きは好きですが、あまり手の込んだ料理、作るのが難しい料理は一切パスしています。基本的には、チビチビお酒を飲みながら、ほろ酔い気分で料理をするのが好きなので、いくらフランス料理が好物でも、料理上級者向きのパテやテリーヌなんて作り方すら知りません。

では、どういう料理でこの「クォーターエピス」が活躍するかというと、なんと「肉を焼くとき」です!

例えば、北海道あるあるのラム肉パーティの時、勿論ジンギスカンのたれも最高ですが、ちょっと気分を変えて「クォーターエピス」を使ってみましょう!

塩とともにこれを振りかけ、あとは上手く焼くだけで、「ジンギスカン」が一気に「ラム肉のソテー」に変身します。普段味わうスパイスではないせいで、食べた側が勝手に「凝った料理度」を上げてくれます。こういう場合はビールよりワインが欲しくなるから不思議です。

ラム肉の他には、このコーナーでも先に紹介した鶏レバー(男の簡単料理 2皿目「鶏レバーのソテー」)やハツ(心臓)、砂肝など、ちょっと癖のある肉類との相性が抜群。

でも、鶏モモや豚ロースなんかの定番肉でも凄く美味しいです。一振りするだけで、肉の臭みを消して香り豊かに仕上げてくれます。

このスパイスは、肉の持つ雑味を上手いこと消して肉の旨味だけをグッと引き出し、その独特の香りが”洋食”ではなく”フレンチの世界”に連れて行ってくれるのです!

フランス料理だけに使わせていては勿体ない「クォーターエピス」、どんな家庭にもある「塩こしょう」と同じように、とても汎用性のあるスパイスです。どんどん使ってみて下さい!

 

 

男の簡単料理 3皿目へ     男の簡単料理 5皿目へ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事