思い出の曲 67曲目 PSY・S「ファジイな痛み」と「LEMONの勇気」と「From The Planet With Love」

思い出の曲

オタクご用達のデジタルバンド

PSY・Sは、「サイズ」と読み、私が高校生だった1980年後期に、一部のマニアック気質(=オタク)からの支持が高かったバンドだ。

アニメ「シティーハンター2」の主題歌になった「Angel Night〜天使のいる場所〜」や、OVA「TO-Y」のイメージソングになった「LEMONの勇気」など、アニメの主題歌に採用されることが多かったせいもあるかもしれないが、オタク気質の人種に評価が高かったのは、やっぱりその楽曲に理由がある。

普通のバンドと違うのは、先ずPSY・Sが男女2人のユニットだということ、そして、打ち込みメインで作りこまれた音に、ボーイッシュかつ超絶上手い女性ボーカルを乗せるという、マニアックでピンポイントな方面を狙ったニッチ産業であったことだ。

男女混合編成のバンドは、古くは「REBECCA」や「BARBEE BOYS」が元祖的存在で、その後、「LINDBERG」や「JUDY AND MARY」などが一世を風靡。実は、あの「ユニコーン」も、初期にはキーボードの女性メンバーがいたりしてたし、「サザンオールスターズ」や「米米クラブ」も男女混合だ。最近では「SEKAI NO OWARI」など、大物も多いが、男女2人のバンド(ユニット?)となると、かなり貴重。

80~90年代前半には、そんな男女2人のカップルバンド(ユニット?)は皆無だったような気がする(真相不明)し、その後も「LOVE PSYCHEDELICO」とか、兄妹デュオの「ZERO」くらいしか思い浮かばない。

「PSY・S」との出会い

私がPSY・Sを初めて聴いたのは、高校1年生の時だった。CDを貸してくれたのは、当時仲が良かった超ゲームマニア。彼は、当時驚異的な性能で日本中を驚かせたシャープの「X68000」という、日本市場を席巻していたNECのPC-〇〇シリーズが唯一敗北した伝説のパソコンを所有しており、オタク中のオタクと言えるクラスメイトだった。

私はというと、オタク気質をしっかりと持っているくせに、それをなるべく隠したいと考えるタイプの面倒臭い男。”オタク”でも結構アリな令和の今と違って、オタクに対するマイナスイメージは当時ハンパなく、如何にそれを隠したり薄めるかというのは、私のような根性のないヘタレなオタクには結構、切実かつ真面目な気苦労だった。

そんな私に、生粋のオタクが勧めてきた「PSY・S」とは…?私は、かなり期待して聴いた。

しかし、一聴して悪い感じはしなかった…が、残念ながらそれだけだった。唯一「ファジィな痛み」という曲だけが、物悲しいメロディで記憶に残った。

「PSY・S」との再会、そして再発見

それから時が経ち、PSY・Sのことは記憶の中に埋もれていったのだが、出会った嫁が実はかなりのPSY・Sファン。私は嫁のお勧め曲集を聴くことができ、15年振りにPSY・Sとの再会を果たした。

嫁からは、「LEMONの勇気」という、シャキシャキのカッティングギターにベースが効いたイントロで始まる1曲を勧めてもらったのだが、私は一発で気に入ってしまった。ちなみのこの曲は、少年サンデーに連載されていた上条敦士の漫画「To-y」がアニメビデオになった際のイメージソングになっている。

この曲は、スカーッと抜けるようなボーカルに、ギターとキーボードが幾重にも重なる凝ったアレンジで、しかも、ずーっとベースが主張を続けていて聴きごたえのある一曲だ。

それからまた、あっと言う間にに10年以上が経った最近、色々聴き返していた時に、ふと、PSY・Sを思い出し、ファーストアルバム「Different View」の2曲目「From The Planet With Love」を聴いたのだが、好きな曲を聴いた時特有のビリっとくるものを久し振りに感じた。

一瞬、スーパーファミコンとかメガドライブ時代のゲームミュージックかと思うくらい、軽快だが悲し気なデジタルサウンドで始まるこの曲は、全編英語詩だが、その繊細な音使いと、シンセとギターの合わせ方も凄く細かいところに神経が尖らせている感じで、聴いていてとても気持ちがいい。

後に、アレンジを変えたバージョンも登場している(こっちはこっちでまた良い仕上がり)ので、PSY・Sとしてもお気に入りの1曲だったことが伺える。

80年代バンドシーンの脇というか斜め上の一角を担ったPSY・Sを象徴するような一曲で、昭和の時代感は流石にあるものの、その洗練された音と転調メロディは、YMO等にも通じる雰囲気でスゴイの一言。先入観を外して是非聴いてみて欲しい。

 

思い出の曲 66曲目  20世紀Jr「シリアス」へ

思い出の曲 68曲目「アフターバーナーとスーパーハングオンのBGM」へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました