思い出の曲 21曲目 安室奈美恵「Body Feels EXIT」

思い出の曲

1995年リリース、安室奈美恵の3枚目のシングル。

「アムラー」なる社会現象まで引っ提げて、颯爽と登場した安室奈美恵だが、そんなイメージも前作の「Stop the music」までで、今作からは、急速にアーティストの面が色濃くなっていく。

この曲は、小室哲哉プロデュースの第一作目であり、彼の得意とする名調子の小室サウンドが堪能できる1曲で、手堅い1曲とも言える仕上がりになっている。そりゃ鳴り物入りの小室プロデュースなのだから、まさか初っ端からコケる訳にはいかないので当然といえば当然か。更に、決して上手とはいえないが味のあるコーラスまであてており、彼の本気度が伺える。

パッと聞くと、短調さも感じるようなアップテンポの軽快なナンバーだが、じっくり聴いてみると、非常に細かい音があちこちに散りばめてられており、メロディラインも伴奏もフレーズによって激しく転調し、聴く度に新しい発見がある非常に耐久力の高い曲である。小室哲哉が当時有していた引き出しを惜しげもなく投入したことがその音からは感じられ、リスナーは得した気持ちになるが、それにしても難解な曲なので、安室奈美恵はきっと歌いにくかったのではないだろうか。

安室奈美恵は、この1曲によってステージをひとつ上げ、その後も矢継ぎ早に「Chase the Chance」「Don’t wanna cry」「You’re my sunshine」と半年の間に力のある3曲をリリースし、「CAN YOU CELEBRATE?」で人気とセールスの頂点に達する。

安室奈美恵というと、代表曲は「CAN YOU CELEBRATE?」ということになるのだろうが、これは私の嫌いなバラード。全く食指が動かずスルーしたのだが、巷では人気爆発で理解に苦しんだ記憶がある。

どんなアーティストでも代表曲というと、なぜかバラードになっていることが多いのだが、皆、そんなにバラードが好きなんだろうか?私としては大きく意義を唱えたい。誰か賛同してくれないだろうか。

↑ちなみにこのベストアルバムは、安室奈美恵のデビュー曲から小室哲哉プロデュース時代のシングルのオリジナルバージョンを収録したものだが、単純にリリース順に並べたのではなく、1曲目が今回の「Body Feels EXIT」、2曲目が「TRY ME」、3曲目が「Chase The Chance」…、最後が「CAN YOU CELEBRATE?」と曲の並びが良く考えられており、非常に通して聴きやすい作りに”あえて”なっている。時系列で並べたシングル集もいいが、「CAN YOU CELEBRATE?」までの安室奈美恵の魅力を堪能するという意味では、こちらの方が断然良い。お勧め!

 

思い出の曲 20曲目へ     思い出の曲 22曲目へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました