思い出の曲 29曲目 T.M.Revolution「青い霹靂~JOG edit~」

思い出の曲

 

1998年リリース、T.M.Revolutionの7枚目のシングル。

この「思い出の曲」で取り上げる中では新しめだが、それでも20年前。立派な懐メロである。

T.M.Revolutionは、テクノユニットであるaccessの活動を停止した浅倉大介がプロデュースした、西川貴教のソロプロジェクトの名称で、略称は「T.M.R」または「TM」。

小室哲哉のTMネットワークと紛らわしいなあと当時から思っていたが、浅倉大介はTMネットワークのサポートを務めていたことも一因にあるようで、後に、浅倉大介は小室哲哉に「TMの名前を使います」と断りの連絡をいれたとのこと。

この「青い霹靂」は3枚目のアルバムである、「triple joker」のトップを飾った曲で、CMソングに起用されたことからシングルカットされた。リリース時期は、ブレイクした「HIGH PRESSURE」の勢いのままヒットした、「WHITE BREATH」と「HOT LIMIT」の間、強力な2曲に挟まれた位置になる。

よって、T.M.Revolutionのファン以外はスルーしてもおかしくないシングルなのだが、稲妻の音から始まるかなり疾走感のあるノリノリの曲で、小学生である私の息子たちもお気に入りソングになっている。セールスの方も、当時はCDバブル期だったとはいえ、オリコン週間3位、累計29万枚を売り上げており、当時のブレイク振りが分かる。

私はデジタルロックの音が大好きなので、T.M.Revolutionはもろにストライクなアーティストであった。テレビでの、まるで芸人並みのノリツッコミも見ていて楽しかったが、そんな軽い触りとは裏腹に、歌は上手く、一見すると対極に位置しそうな黒夢の清春と仲が良いというのも、私の琴線を刺激した。

今現在でも、着ぐるみでNHKに出てきたり、消臭アイテムのCMに出演したりと、目にする機会は多い。親しみやすくフレンドリーで笑いも取れるが、歌を歌わせれば正統派デジロックを派手なアクションで聴かせるという、変わった立ち位置を確立したロックミュージシャンである。是非、末永く第一線で活躍してもらいたい。

 

思い出の曲 28曲目へ     思い出の曲 30曲目へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました