【笠浩二の傑作】C-C-B「スワンの城」
スポンサーリンク

62歳の若さで他界してしまった‥笠浩二

1980年代後半、チェッカーズや吉川晃司とともにアイドルバンドとして一世を風靡したC-C-B。そのイメージリーダーだった笠浩二さん(以降、敬称略)が、2022年12月に62歳の若さでこの世を去ってしまった。

シンセドラムを叩きながらのリードボーカル、パステルカラーの伊達メガネ、ピンク色のヘアー、そしてボーイズソプラノな声色。そのどれもが新鮮で、C-C-B全てのイメージを独りで体現していたのが笠浩二だった。

ブレイクしてからの活動期間は1985年から1989年までで、最前線でテレビに出ていた期間とメンバー等身大の活動がそれぞれ2年間で計4年間。私達のような一般層に強く残った記憶に反して、C-C-Bは短命だった。

C-C-Bのエース「笠浩二」

「Romanticが止まらない」から「ないものねだりの I want you」までの2年間、C-C-Bにはリードボーカルをとるメンバーが、笠浩二、渡辺英樹、関口誠人と3名いたが、エース的な立ち位置だったのは笠浩二だった。

ボーイズソプラノ的と表現された声色は、純粋な歌唱力はまた別としても強いインパクトと心地よさがあって、一度聴いただけで耳に残り、ふとした時にでも「あ、今の笠浩二だ」と分かるほどなので、C-C-Bのエースなのも納得。

が、しかし、笠浩二ボーカルが前面に出されていたのは「Romanticが止まらない」の次作シングル「スクール・ガール」までで、C-C-Bの成功を決定づけた重要なシングル「Lucky Chanceをもう一度」と、それ以降のシングル曲やアルバム曲をよく聴いてみると、笠浩二のボーカル部分は意外なほど少なく、関口誠人がC-C-Bを離れる時までにリリースされた楽曲の中に、笠浩二のソロ曲は数えるほどしかない。

ドラムをプレイしながら歌うというスタイルは素人目にも難しそうだと感じるくらいなので笠ボーカルが少ないのかもしれないが、私はそれよりも、C-C-Bのプロデュース戦略的な理由からではないかと思っている。

チェッカーズの絶対的エースに対し、三枚看板で挑んだC-C-B

ライバルのチェッカーズは7名編成で複数のリードボーカルがいた。

が、こちらはC-C-Bと違い、絶対的エース藤井郁也が不動の存在だった。歌唱力、ステージパフォーマンス、ビジュアルと、人気バンドのボーカルに必要な要素全てを兼ね備えた超人で、鶴久正治や高杢禎彦というボーカルもいたが、バンドのバリエーションを豊かにするオプションでよく、つまりチェッカーズには余裕があった。

C-C-Bの場合、人気に火を付けたのは笠浩二のお陰なので、彼を中心にして更に大きなムーブメントに繋げていくのが正攻法だろう。

しかし相手はチェッカーズ。正攻法での勝ち目は薄い。C-C-Bのキャラを考えると、ファン層は、近藤真彦や田原俊彦といったジャニーズアイドルを一気に蹴落とした邦楽史上最強のアイドルキャラ、藤井郁弥と重なっているのだ。

藤井郁也との一対一の勝負では分が悪いと考えたC-C-B側が、笠浩二ひとりをプッシュすることを避け、チームで対抗する戦略をとったのではないか?

また同時に、悪く言えば郁弥一人に引っ張られてしまったチェッカーズとは違う、5人としての独自の魅力を確立し、ならではのファン層を獲得する目的もあっただろう。

「Lucky Chanceをもう一度」と「空想Kiss」での渡辺メイン、合いの手ポジションだった関口パートの増加、アルバム曲では渡辺と関口のメイン曲が数多く並んだことが新しいファンを開拓し、カラフルヘアーを止めた「元気なブロークンハート」の頃には、フロントマン3名は揃って均等な人気を獲得、それはC-C-Bとしての土台になっていた。

C-C-Bファンも笠浩二ファンも惚れた名曲「スワンの城」

私は、大ブレイクからの激動を経て、一旦息を入れた後のシングル「元気なブロークンハート」をとても気に入って迷わず購入。そのB面に収録された「スワンの城」を聴いて、笠浩二の歌声が脳裏に焼き付いてしまった。

「スワンの城」はメンバーの作詞作曲ではなく、C-C-Bの立役者である松本隆と筒美京平コンビによるB面曲。

もう、素晴らし過ぎる。「元気なブロークンハート」が気に入って、当たり前だけどそれ目当てで買った人の度肝を抜いた超名曲で、イントロからもう既に本気曲オーラがあり、気持ちを持っていかれる強力な引力を持つ。

そしてこの曲は、笠浩二の声色であることが、曲の魅力を大いに増幅させているどんなに上手いボーカリストが歌っても、笠浩二の「スワンの城」には敵わないのではないか。それだけハマっている。

この頃のC-C-Bは、チーム(5人バンド)としての魅力に溢れていた。ボーカルで、リーダーで、超ギタリストで、というカリスマ一人に引っ張られるバンドが多い中で、これは非常に珍しい例なんじゃないだろうか。

それでもやはり、C-C-Bと聞いて一番最初に思い浮かべるのは、笠浩二の声。

彼がいなければC-C-Bは存在しえなかった。本当にそう思う。合掌

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事