うつ病物語 その105「復帰初日は役員面談」

うつ病物語

復帰初日は役員面談

上司A「それと最後に、もうひとつあるんだ。」

私「はい、何でしょう?」

もうそろそろ終わりかと思っていたが、まだあるらしい。

上司A「復帰初日は、役員が面談することになっている。恐らく、お前の覚悟とか、5ヶ月休職して何を思い、どういう気持ちで新しい部署で復帰するつもりなのかとか、色々なものを見るのだと思う。」

…違和感があった。そして実に会社組織らしいなとも思った。しかし、なぜ、うつ病という病気のせいで休み、復職するだけで、こんな風に試されるようなプロセスを踏むのだろうか?

少し考えて、先程の役員Aのことを思い出した。そうか、これも同じなのだ。”この男は会社に恨みを持っていないだろうか?”ということを直に確認したいのだ。

何気ないやり取りの中にこそ、その人の内なる考えが滲み出るものである。私が役員Aや会社に対して敵意を持っていなければよし、さもなくば、解雇は出来ないにしても、要注意人物としてマークされ、中枢から外した位置に就けたりするのであろう。

上司A「復職までまだ1週間以上ある。今から、どうやって喋るのか考えておいた方がいいぞ。特に一言目に何を持ってくるかは大事だ。」

…また違和感。上司Aは、私に何かヒントを与えようとしている。

上司A「あんまり詳しく話すなと言われているけど、まあ、役員に対して、どういう姿勢で話をするのか、う~ん、分かるだろう?」

”長い間ご迷惑をお掛けしました”、”新たなチャンスを頂きましてありがとうございます”、”会社の対応には感謝しております”…とまあ、こんなところだろうか。

私「…はい、先程も少し話ましたが、復帰にあたって中々100%の体調に持っていけなかったところ、工場部門への異動という話を頂き、道が開けたような気分になりました。今は、新入社員の気持ちで一から頑張るつもりです。会社には、特に総務のメンバーには多大な迷惑をお掛けしました。それに上司Aをはじめ、色んな方に動いて頂きまして、本当に感謝しております。」

上司A「うん、そうだな。」

上司Aは、それなら大丈夫だろう、といった表情で頷いている。上司Bも同じだった。

私の気持ちに嘘はない。しかし、やはりこの病気に関して”公傷扱い”の要素は無いことを感じた。”ちょっと言動は荒いが仕事が出来る上司についていけない、弱いメンタルの社員がうつ病を発症してしまった、元の職場では再発しそうなので異動して再生させよう…”会社がやっていることは、これだけである。

ここには、会社の落ち度のようなものは一切存在しない。もし、それを少しでも認識しているのなら、私が休職している間に役員Aが専務に昇格したりしないだろう。

これが会社の考えなのだ。ほんの少し、一歩と言わず半歩でも私側に寄ってくれるだけで、心象は大きく変ってくるのに…。

この経営者独特の考え方は、どこの会社であっても大差はない。労働者と雇用者の立場の違いは、こういうところに決定的に表れるのである。

 

うつ病物語 その104へ     うつ病物語 その106へ     うつ病物語 その1へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました