Contents

スポンサーリンク

バービーボーイズ最強アルバム「LISTEN!」の1曲目

1987年リリース、バービーボーイズ4枚目のオリジナルアルバム「LISTEN!」の1曲目。

雷みたいなドラムが落ちた後に続く色っぽいベース、パキッパキなギターのイントロでグッと引き寄せられた後は、ハスキーなツインボーカルに攻め立てられる、とてもカッコいい曲。

いくつかの動画がネット上にあるけど、全盛期と思われるこのライブが一番ドライブ感と色気に溢れていて何度何度も見てしまう。杏子姐さんは勿論だけど、超高音ハスキー声の持主、コンタ氏のステージパフォーマンスがキレてて見惚れる。

こんなボーカルを二人も擁していると、バンドのまとまりとしては大変そうなのに、イマサ、エンリケ、コイソのサウンドはビシッと締まって聴いているコッチの背筋が伸びるほど。

改めて聴くと、バービーボーイズが如何に個性的集団で、他の追随を許さないバンドだったがが分かる。

スタイルが一貫していたバービーの楽曲達

バービーボーイズは、「目を閉じておいでよ」が一番のセールスで一般に周知されたシングルなので、これが代表曲になってしまったが、実際は重要曲ではない。

更に、目を閉じて~が出る前も出た後も、バービーは売れ線の曲を狙ってこなかったように思う。バンドカラー、方向性が常に一貫していた。

その結果として、デビュー間もない頃と解散直前の曲との色合いが殆ど変わらない。オリジナルアルバム6枚の全曲をシャッフルし、組み直して聴いても違和感がないと私は思っている。

どの曲を取っても、イントロを聴いただけで直ぐに「あ、バービーだ」と分かってしまうのも凄い。バービーの楽曲には癖があるし、正直とっつきにくいが、ある段階を超えてハマると、その濃厚な旨味が病みつきになる。

‥‥大人の味というか、初見では分かりにくい引っかかりがあるんだよなぁ。

バービーボーイズの真の代表曲「はちあわせのメッカ」

この「はちあわせのメッカ」は、初めてメンバー5名で作った楽曲らしく、シングルではないが、バービーボーイズの真の代表曲といっていい。楽曲タイトルからして「はち=蜂=バービー」「あわせ=合わせ」だもの。

なぜかシングルカットはされていないので、ある程度のファンにならないと出会えない曲になっているが、当時MVも製作され、その後のベスト版やセレクションアルバムには収録され、ファンからの人気も高く、きっとバービーとしても力の入った一曲。

歌詞もベースラインも傑作、ギターソロもグイっと耳に残るインパクトで、ああ~こんな風にギターが弾けたらカッコいいし、気持ちいいだろうなぁと繰り返し思った。

 

バービーボーイズ「目を閉じておいでよ」

玉置浩二「キ・ツ・イ」

推し曲メニュー

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事