思い出の曲 12曲目 横浜銀蝿「ツッパリHigh School Rock’n Roll(登校編)」

思い出の曲

1981年リリース、横浜銀蝿の2枚目のシングル。

この曲が流行った頃は、まだ小学生だったのでリアルタイム世代とは言い難いが、歌謡曲(という表現が相応しいかどうかは別として)に親しんだ入り口の曲として、すごく思い入れのある曲である。

先ず、「横浜銀蝿」というバンド名が凄いが、正式には「THE CRAZY RIDER 横浜銀蝿 ROLLING SPECIAL」というらしく、色々な意味で突っ切った感がある、気持ちの良いバンド名である。

私の場合、この曲は私の一つ年上の従妹の記憶とセットになっている。この従妹は見るからにトッポイ雰囲気の兄ちゃんだったが、情に厚く、私のような真面目な少年のことは可愛がってくれるタイプで、私の実家にちょくちょく泊りに来ていた。

で、その従妹がある時泊りに来た時に持参してきたのが、何と、当時の若者を中心に爆発的に売れていた「ウォークマン」と、この横浜銀蝿のテープであった。今の10代20代にはピンと来ないと思うが、当時は音楽を聴くというと、46分とか60分のテープの両面(A面とB面がある)に5~6曲ずつ収録されているのがスタンダードだった。

この「ツッパリHigh School Rock’n Roll(登校編)」も、最初聴いた時は、いかにもこの従妹が好きそうな曲だなあと思っただけなのだが、その軽快なリズム感と歌詞の面白さ、また底抜けの明るさに中毒性を見出してしまい、従妹が残りの電池(ウォークマンは単三電池で2時間くらいしか持たない)を気にするくらい、夢中でリピートして聴いてしまった。

今でも単三電池を見ると、時々、この時のことを思い出して苦笑してしまう。どうして、こういう幼かったころのつまらない記憶というのは、こうも鮮明なんだろう。

この記事を書くにあたり、ベストアルバムをレンタルして久し振りに聴いてみたが、横浜銀蝿の曲達は記憶以上にコミカルで、夜の暴走族的ないわゆる”ツッパリ”ソングのイメージは全くなく、むしろ、真夏の炎天下を車やバイクで気持ちよく走っている時にフィットするような爽快な曲ばかりで面白かった。

思い出の曲 11曲目へ    思い出の曲 13曲目へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました