思い出の曲 26曲目 B’z「孤独のRunaway」

思い出の曲

1991年リリース、B’zの3枚目のミニアルバム「MARS」の1曲目。

ちょっとややこしいのだが、B’zはこのアルバムまでに、フルアルバムを4枚、ミニアルバムを2枚リリースしており、「MARS」はこれらを通算すると7枚目、B’z黄金期の入り口に位置するミニアルバムということになる。

事実、このアルバムはミニなので5曲収録でありながら、なんと170万枚を売り上げ、B’zのミニアルバムの中では一番のセールスを誇っている。リアルタイム世代である私の感覚からいっても、この時期のB’zは、正に飛ぶ鳥を落とす勢いという言葉がピッタリで、最もアーティストパワーに溢れており、言っちゃ悪いが、何を出しても売れる時期であった。

いきなり言葉が悪くなったが、この「孤独のRunaway」は、シングルカットされてはいないものの、堂々たるポテンシャルを持つ傑作で、他のシングル曲と比べても全く遜色ない。

私はがこの曲を知ったのは、実は友人とのカラオケであった。社会人になってまだ間もない頃、帰省してきた友人達とのカラオケで、決して歌が上手そうでもなかった友人が、この曲をリクエスト。「ん?なんだ?B’zか、B’zは難しいのに…」などど思ったのもつかの間、高いキーも楽勝で、早口の歌詞も流ちょうに歌い上げる友人に、同席した友人達は一様に驚いたものだった。

決して本物に似ている訳ではなかったが、あんまりにも綺麗な高音と正確なピッチで歌うものだから、その友人には、カラオケの帰り際にもう一度歌わせたほどである。

そんなことが切っ掛けでB’zの曲も随分と聴くようになり、名曲を次々繰り出すB’zのことを、結構好きになっていった。

そのカラオケから1年ほどが経った頃、会社の先輩と社用車で長距離出張している時、私は持参してきたB’zの曲を掛けたが、9歳年上の先輩はあまりいい反応では無かった。あまり好きじゃないのかなと思って聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「おい〇〇、こいつらの曲って、元々は洋楽に全部あるんだぞ。」

私は言葉の意味が良く分からず聞き返した。

「はい?」

「だからさ、レッドツェッペリンとか、そういうやつの真似なんだってよ。今度聴いてみろ、びっくりするぞ。」

当時は、一般人のインターネットなど皆無の時代、なかなか気軽に聴き比べる環境には無かったし、あまり先輩の話を信じたくもなかった。既に、ファンになっていたからだ。

しかし、後年、私は勇気を振り絞って検索をしてみた。そうすると、出るわ出るわの大盤振る舞いである。その時、私は、もうファンではなかったが、なんだかしょげ返ってしまった。

…真相は私のような素人が知ったこっちゃないが、検索ワードで上位に「孤独のRunaway パクリ」などと表示されるようでは、170万枚もどうなんだという話である。この「MARS」を、嬉々として買ってしまった私としては、全く持って面白くない。

う~ん、でも、この歌、大好きなんだよなあ…。

思い出の曲 25曲目へ     想い出の曲 27曲目へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました