思い出の曲 42曲目 寺尾聡「SHADOW CITY」

思い出の曲

ルビーの指輪はメガヒット!

1980年リリース、寺尾聡4枚目のシングル。

この曲はリリース当初は然したる人気にもならなかったが、6枚目のシングルである「ルビーの指輪」が売上160万枚と爆発的に売れたため、相乗効果でランクアップし、最終的には85万枚と結構な売上を叩き出した曲である。

そう、私が小学校4年生の頃、まだ公園が遊びのメイン会場だったあの頃、小学生でもそのタイトルを知るメガヒット曲が産まれた。それが「ルビーの指輪」だった。

「SHADOW CITY」との出会い

ある日、鼻を垂らして帰ってくると、両親が珍しくレコードを買ってきたという。意味が分からずに盛り上がっている弟を他所に、タイトルを見ると、大ヒット曲「ルビーの指輪」の他に、もうひとつあったのが「SHADOW CITY」であった。

我が家に珍しく到来したレコードとなれば、しばらくはヘビーローテーションとなるが、両親との会話の中で、どっちが好きな曲?という話題になった。

両親は、やっぱり「ルビーの指輪」かな、なんて言っていたと思うが、私は「SHADOW CITY」の方が好みで、ちょっと変な子だねみたいに言われてしまった記憶がある。

この曲は、「ルビーの指輪」と世界観は割と近いのだが、「SHADOW CITY」の方が、断然渋めで、中々本筋の歌詞に入らずに、「♪トゥトゥルトゥ~ン」と、1分以上も思わせぶりに引っ張るのが、小学校4年生の感性にもヒットしてしまった。

また、「ルビーの指輪」なんていうベタなタイトルよりも、英語の「SHADOW CITY」の方が断然カッコよく感じたのも、小学校4年生あるあるといえる。

当時からずっと、意識したことは無かったが、私が音楽というもの、いや日本の歌謡曲、今風にいうとJ‐POPに初めて触れたのは、この曲かも知れない。

そういう意味で、非常に思い出深い曲である。今聞くと、記憶よりもキザな感じの雰囲気ではあるが、やっぱり名曲である。皆様、久し振りに是非ご一聴を!

 

思い出の曲 41曲目へ     思い出の曲 43曲目へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました