思い出の曲 27曲目 ユニコーン「シンデレラ・アカデミー」

思い出の曲

ブレイク前夜のアルバム「PANIC ATTACK」

1988年リリース、ユニコーン2枚目のアルバム「PANIC ATTACK」の6曲目。

どのアーティスト、バンドでもそうだが、ブレイクしたアルバムなりシングルの前作というものは、一般的にさほど売れはしなかったものの、内容としては傑作であったことが少なくない。

ユニコーンの場合もそうで、ブレイクしたアルバムで名盤でもある「服部」が、彼らの多様性を示したものであるとすれば、今回紹介する「PANIC ATTACK」は、正統派ポップス、ビートバンドとしての魅力に特化した好盤と言えるだろう。

この「PANIC ATTACK」は当時としてはちょっと捻った11曲編成だが、どの曲もシングルカットできるほどのクオリティを誇り、アルバム全体としての塊感も凄まじく、遊び心豊富なユニコーンが、真面目にポップスに取り組んだ結果が1曲1曲から伝わってくる。今回は個人的好みから「シンデレラ・アカデミー」を取り上げたが、このアルバムに関しては、全10曲のどれからセレクトしてもOKである。

実力者揃いのバンド

ユニコーンといえば、後にソロアーティスト、また「PUFFY」のプロデュースで大成功する奥田民生であるが、実は他のメンバー4人全員が作詞作曲できて、なおかつボーカルも出来るという、まず見られないような実力者揃いのバンドだった。

一見、ふざけたような曲も多いバンドだが、真面目な曲を作るより、遊び心ある曲を作る方が余程難易度が高いとも思われ、バンドブームだったこの時代を象徴する実力派グループのひとつだったことは間違いない。そのキャラクター性や歌詞などから、食わず嫌いの人も多いと思うが、是非、ご一聴のほどを。

ユニコーンは、私が例によって様々なバンドの発掘作業をしていた中で掘り当てた数少ない金塊のひとつであった。当時は高校生で、東京への修学旅行中に、よくつるんでいた友人に、この「PANIC ATTACK」を聴かせてあげたところ、友人の琴線に大いにヒットしたようで、修学旅行から帰る頃には、私以上にユニコーンのファンになってしまっていた。こんなことも、学生時代ならではの思い出で、とても懐かしい。

 

思い出の曲 26曲目へ     思い出の曲 28曲目へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました