思い出の曲 7曲目 菊池桃子「Broken Sunset」

思い出の曲

1986年リリース、菊池桃子7枚目のシングル。

当時のアイドル勢の中でも、既に固定人気を確立した時期のリリースとあって、手堅い一曲である。この曲の作曲・編曲は林哲司。同時期に一世を風靡していた杉山清貴&オメガトライブの「ふたりの夏物語」をはじめ、林哲司の曲も巷に溢れてはいたが、個人的には、菊池桃子との相性が抜群だったように思う。

菊池桃子は決して歌唱力に秀でたアイドルではなかったが、あの囁くような歌声と、清潔感と癒しを感じさせるルックスで独自のファン層を築いていた。

ちょっとローカルな話題になるが、当時、私の地元では「ベストテン北海道」というラジオ番組があり、毎日、曲名をあいうえお順にランキングしていくコーナーがあった。今日は「あ」で始まる曲でリクエスト受付!さて、第一位は?という感じである。

当時、よくつるんでいた中学校の仲間5人でこのラジオを聞いていたのだが、ある時、「ふ」で始まるランキングの日があり、これがまた綺麗に分かれたのである。

私「プルシンアンブルーの肖像」(安全地帯)

友人A「フレンズ」(レベッカ)

友人B「不自然な君が好き」(C-C-B)

友人C「ふたりの夏物語」(杉山清貴&オメガトライブ)

いずれも、結構なヒット曲であり、当時のアーティストパワーから言っても、ランキング予想は難しかった。

そして、もう一人、菊池桃子ファンの奴がいたのだが、彼の一押しは「Broken Sunset」。私達4人は、それはちょっと苦しいんじゃないかと笑ったが、彼は譲らない。彼は、私の当時の友人達の中でも唯一といっていい洒落たファッションセンスの持ち主で、そこそこモテる奴だった。今でいう「チャラい」要素もあったような気もするが、情に厚く、誰にでも分け隔てなく優しい誠実な男だった。

かくして、その日の晩、ランキングが発表された。番組ではベスト3のみ発表されるが、恒例として、ベスト3発表の直前に4位の曲がかかるようになっていた。私は安全地帯のベスト3入りは厳しいと思っていたので、4位に期待したが、なんとレベッカ。3位はちょっと記憶がなく、2位がC-C-B、1位は杉山清貴だったはずである。

菊池桃子はというと、やはり選外。友人がどれほど落ち込んだかは定かではないが、菊池桃子は結構な人気を誇りながらも、トップだった時期は無かったように思う。私は、菊池桃子押しの友人の手前、あまり前面には出さなかったが、菊池桃子の歌は結構好きだった。特にこの歌を聞くとラジオの一件を思い出してしまう、大事な思い出の曲である。

思い出の曲 6曲目     思い出の曲 8曲目

コメント

タイトルとURLをコピーしました