思い出の曲 49曲目 柴田恭兵「ランニングショット」

思い出の曲

4回ものリリースを誇る「ランニングショット」

1986年リリース、柴田恭兵の6枚目のシングル。

舘ひろしとの二枚看板で、一時期妙に流行ったドラマ「あぶない刑事」の挿入歌である。ご存知の通り、柴田恭兵は歌手ではなく俳優だが、なんと現在までに15枚ものシングルを出している。ちょっとビックリだが、シングル15枚のうちの4枚は、なんと「ランニングショット」。

オリジナル版、アルバム収録版、映画公開に合わせた再発版、MIX版、と、計4回も出している。聴き比べる機会は永遠に訪れないと思うが、同じ曲を4回もリリースするというのは、そう無いのではないだろうか。

「あぶない刑事」と私

なぜか、学生時代から今に至るまで滅多にドラマを見ない私。中高生の頃に流行った「あぶない刑事」も興味は無かったが、いつもつるんでいた友人達が随分と面白がっていたので、ボチボチ見ることがあった。

どちらかというと、柴田恭兵より舘ひろしの方が主役扱いだったような気がするが、テレビ映えしていたのは断然、柴田恭兵の方で、このドラマの軽妙なテンポをよく体現していたし、「あ、この人はカッコいいな」と思ったものだ。

そのせいなのか分からないが、挿入歌だった「ランニングショット」は、ちょっと私の琴線を刺激した。今聴くと、恥ずかしいばかりの歌ではあるが、歌詞にもある、「気まぐれなフリをして、おどけていくだけ」という部分が、特に、ドラマの柴田恭兵とリンクし”渋いが軽い男”のイメージに完璧にハマった歌だった。

肝心のドラマの方は、せいぜい10回くらいしか見ていないので語る資格が無いが、”悪ノリ”を狙ってやるような作風に感じ、全然、私の好みでは無かった。

 

思い出の曲 48曲目へ     思い出の曲 50曲目へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました