思い出の曲 5曲目 TM NETWORK「COME ON EVERYBODY」

思い出の曲

1988年リリース、TM NETWORKの15枚目のシングル。

TM NETWORKは、1987年の「Get Wild」でブレイクし、デジタルロックをこれでもかと体現したバンドなのだが、何処まで行っても、思い浮かぶのは小室哲也である。私が贔屓にしている安全地帯なら玉置浩二、BOOWYなら氷室京介、チェッカーズなら藤井郁也、REBECCAならNOKKO、ONE OK ROCKならTaka…とバンドの顔、パブリックイメージを作るのは圧倒的にリードボーカルであるのが普通。そう、TM NETWORKは相当に異常である。

当時の私は高校生。多感な時期で、音楽に関してもアンテナが一番張っている時だった。友人達もそれぞれお気に入りのバンドやミュージシャンを抱え、時に宣伝しまくり、時に冗談交じりに攻撃しあったりした。そんな中、TM押しの友人はもちろん居たが、仲間内の誰もが、TM NETWORKをけなすことは出来なかった。それだけ、新しい音楽、未来志向の音使いに聞こえたのである。研ぎ澄まされたシンセの音は、とにかく心地よかった。

さて「COME ON EVRYBODY」だが、あまりTMに詳しくない人達には、「Get Wild」の次に出たシングルのように思われている節があった。この2曲は似ている訳ではないが、同じアップテンポであり、一聴した感じでは、ああ、「Get Wild」が売れたから、そのラインで出た曲だな、というアレではある。しかし実際には、その間にミディアムテンポやバラード中心に4枚のシングルを挟んでおり、その引き出しの多さには舌を巻く。以降、色々なバージョンが作られた「Get Wild」がTMの代表曲であることに異論はないが、私はこの「COME ON EVRYBODY」を聞いた時に、TM NETWORK(=小室哲哉)の底力に驚いたものである。

小室哲哉の、プロデューサー業に活動をシフトしてからの音楽シーンの席巻振りはご存知の通りである。その功罪は別としても、日本の芸能音楽史の筆頭を飾ってもおかしくない存在だと思う。しかし、そのあまりに大きく肥大した果実は、時とともに彼の何かを侵食し、後年のスキャンダラスな落とし穴として全部返ってきてしまった。

小室哲也の音楽に心酔したリスナーは数多い。その根幹であったであろうTM NETWORKは今年、結成35周年だったそうである。あの「小室哲哉」の引退という最後は残念でならない。

↑「COME ON EVRYBODY」は、多くのベスト盤に収録されているので探すのに苦労しないが、出来ればこのアルバムの1曲目から4曲目までを通して聴いて「COME ON EVRYBODY」の魅力とその凄みを再発見してもらいたい。ちなみに4曲目が「COME ON EVRYBODY(アルバムバージョン)」となっている。

思い出の曲 4曲目     思い出の曲 6曲目

コメント

タイトルとURLをコピーしました