うつ病関連 その2「3分で分かる!うつ病診断チェックシート」

うつ病関連

自分はうつ病なのか…?疑い始めたら直ぐにチェックを!

もうしばらく長い間気分が落ち込んでいる、仕事に集中できない、身体が重い、人の話が頭に入らない…、このような変調を感じたら、「うつ病」が頭を過ぎることと思います。

「いやいやまさか、自分に限って」、「こんなのは誰にもあるでしょ」、「この程度はうつ病とは違うだろう」…と、否定したい気持ちはよくわかります。私もそうでした。

しかし、そうやって先延ばしにすればするほど、病状は進行していき、だんだんと「自分は本当はうつ病なんじゃないか」という疑念が頭から離れなくなるでしょう。どんな病気でもそうですが、早く自覚して適切な処置をすれば、早く治すことができます。

このページに辿り着いた方は、もう、自分自身のうつ病をかなりの割合で疑っているはずです。直ぐに、以下のチェックシートで診断をして下さい。

うつ病チェックシート

基準A これまでとは違って、以下のうち5つ以上の症状(必ず1か2を含む)が、ここ2週間の間にある

  1. ほとんど1日中、ほとんど毎日、抑うつ気分(悲しみや空虚感、絶望感)に陥っている。
  2. ほとんど1日中、ほとんど毎日、興味や喜びを感じない
  3. とくに食事療法をしていないのに、体重が著しく減少、あるいは増加している。または、ほとんど毎日、食欲がない、あるいは過食している
  4. ほとんど毎日の不眠(早朝覚醒含む)または過眠
  5. 動作が遅れる。口数が少なくなり、声が小さくなる。焦燥感が強くなったり、落ち着きがなく身体を動かす(第三者が確認できるほど)
  6. ほとんど毎日の疲労感、または無気力
  7. ほとんど毎日、「自分には存在価値がない」、「自分は罪深い人間だ」などと根拠なく自分を責める
  8. 思考力や集中力、決断力の低下が、ほとんど毎日認められる
  9. 「自分は死んでもよい」、「いっそ死んでしまいたい」と考える。あるいは、自殺するためのはっきりとした計画を立てている

基準B その症状を「非常に苦しい」と感じ、仕事や学業、日常生活に支障を来たしている

基準C その症状や薬やアルコール、からだの病気によるものではない

※基準A~Cは「抑うつエピソード」と呼ばれ、うつ病の症状を発症していることを示す

基準D 抑うつエピソードは、他の精神疾患によるものではない

基準E いつもと違い、異常なまでに気分が高揚したり、開放的になったりしたこと(躁状態)はない

うつ病診断、私の場合は…

私の場合は、勤務中もプライベートも暗い気持ちでいることが多くなり、集中力が低下し、考える力が著しく落ち、肩こりや身体の重苦しさがひどくなり、と色々な症状を自覚するようになって、自然に「うつ病 診断 初期症状」などと、検索をするようになっていました。

検索すると、色々なチェックシートが出てきますが、どれを使ってチェックしても、「うつ病が疑われます、病院へ」という結果が出ていました。それでも、「いやいや、まさか、この俺が」と、二の足を踏んでいたのです。

うつ病は世間一般にありふれた病気であり、大勢の罹患者がいることは、知識としては知っていましたが、どうしてもそれに自分が合致するとは思えない(思いたくない)、それに、心療内科や精神科といった病院の敷居が高いのも、尻込みする理由でした。

このチェックシートでいくと、私は、1、4、5、6、7、8、9に当てはまっておりましたが、それでも、仕事を休まずに頑張っていました。しかし、そんな頑張りは無限に続けられるものではありません。ある朝、どうしても出勤できなくなり、私は病院にかかることになりました。そして、「うつ病」と診断されました。

まとめ

本当であれば、出勤できなくなるまで頑張るのではなく、もっと早い段階で、自分は「うつ病」なのではないかと自覚し、病院の扉を叩くべきです。

病院では更に詳しく調べ、医師が総合的に判断するため、このチェックシートに合致=うつ病 ということにはなりませんが、先ずは、病院に行くことが重要です。このチェックシートが、自分の中に踏ん切りをつける切っ掛けになることを祈っています。

 

うつ病関連 その1「心療内科や精神科には1人ではなく2人で行く」へ     うつ病関連 その3「心療内科、精神科は予約で一杯!そんな時は内科へ!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました