オヤジギター その21 「アラフィフの前にそびえ立つ『コードチェンジ』の壁!」

オヤジギター
Musician playing guitar classic and singing song, close up hand

アラフィフから挑戦したオヤジのギターレベル

ギターを始めて2年が経つというのに、また最初のフィールドをうろちょろしているようなアラフィフ・ギター・チャレンジャーのワタシ。

例えば誰かに趣味を聞かれて「え~っと、ギターかな」なんて答えられる状態をレベル10とした時、今はどうかと言うと…(ただし自分勝手な解釈)。

ギターの知識:レベル6

右手のテクニック:レベル5

左手のテクニック:レベル4

リズム感:レベル5

コードチェンジ:レベル3

他にも色々あると思うけど、取り合えず、今まで習った範囲で振り返るとこんな感じ…かな?

多少、パラメータが凸凹しているが全体としてはワタシのレベルは4~5がいいところ。それなのに、一曲通して弾くことを本気で目指す曲が「安全地帯『悲しみにさよなら』のB面曲『ノーコメント』」というマニアックかつ難しそうなセレクト。

チャレンジ曲を師匠にメールで送信したものの「ド素人の”ド”がやっと取れるかな?くらいのワタシがこんな目標でエエんかいな?」と思ってビビッていたが、師匠は「ノーコメント了解!」と軽く返してくるばかり。

『ノーコメント』のイントロカッティング解析

さて新しい課題に向かってのレッスン初日。

師匠「さ、課題曲も決まったし、改めてやっていきましょう♪先ずはコレを見てもらおうかな…」

と言って渡してくれたのは、ノーコメントのイントロ部分のコードとカッティングパターン、指の押さえ方を解説した譜面。

うっ、見るからに難しそうだぜ…!

「で、弾くと、こんな感じになります」と、流石に師匠はサッと再現するが、それでも部分的に楽勝という感じでもない。勿論、私がこの課題曲を伝えたのがレッスンの2日前で、解析する時間、手に馴染ませる時間が少ないせいだが…。

師匠「ん~、ちょっとココ難しいな、…あ、ココは先にこれが入るのか、そうかそうか、…ん~ココがな~…うん、ま、こんな感じで!」

やはり簡単なカッティングフレーズでは無いらしい。これから苦しむ自分の姿が目に浮かぶ。

しかし私は「俺には絶対できない!」とまでは思わなかった。

…てことは、それなりに成長してる?

コードチェンジの大きな壁!

師匠の解析によると、この曲のイントロフレーズはAm→Dm7→Gとコードチェンジする。フレットでは6~10の間で左手が動いてフォームが変化する。ギターのフレットの端から端まで左手がワープするような激しいヤツじゃなく、はた目には、それほど難しそうには見えない。

特にAm→Dm7は、それぞれ弦を押さえた、人差し指、中指、小指のうち、中指は9フレットから7フレットにそのままスライド、人差し指と小指は、一緒にスライドした先で押さえる弦が入れ替わるだけだ。

しかし!これがどうしてもサッと出来ない!!!ちょっと練習しても小指のたどたどしさが解消されず、Am→Dm7にコードチェンジするのに2秒くらいかかるのだ!!!

これでは、とてもじゃないが「ノーコメント」らしいカッティング感は出ない。案の定、ワタシは早くもつまずいてしまった。

 

オヤジギター その22「コードチェンジの壁は高い!その理由は『小指』にある!」へ進む

オヤジギター その20「私の原点は『安全地帯のノーコメント』なんだ!!」へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました