思い出の曲

思い出の曲

私が引っかかった楽曲達 メインメニュー

 アースシェイカー「EARTHSHAKER」 安室奈美恵「Body Feels EXIT」 安全地帯「ノーコメント」 「熱視線」 「じれったい」「SEK'K'EN=GO」 「ダンサー・ブルーに泣いてる・ガラスのささやき」 相川七瀬「BREA...
思い出の曲

思い出の曲 77曲目 相川七瀬「BREAK OUT!」

マイルドヤンキー?なロッカー女子「相川七瀬」 当時としても誰かのプロデュース感は拭えなかった「ちょっとツッパッた系ロッカー女子」のキャラで登場した相川七瀬。 プロデューサーの織田哲郎に見出されて1995年に「夢見る少女じゃいられない」で...
思い出の曲

思い出の曲 76曲目 チャゲ&飛鳥「モーニングムーン」

日本を代表するデュオ! 1986年リリース。チャゲ&飛鳥の14作目のシングル。それまではアコースティック系でしっとりとしたフォークソング中心のシングルで勝負していたが、この曲は全然違う。 日本武道館のライブのアンコールで「今年はベストテ...
思い出の曲

思い出の曲 75曲目 荻野目洋子「NON STOPPER」と「Dance Beatは夜明けまで」

2020年でも現役の女性シンガー「荻野目洋子」 女優「荻野目慶子」の妹で、1978年、小学校4年生の時に出場した「ちびっこ歌まねベストテン」で芸能界デビュー。 1984年には「未来後悔-Sailing-」で当時らしいノリの初々しいソロデ...
思い出の曲

思い出の曲 74曲目 三波春夫「ルパン音頭」

地上波映画枠があった時代 レンタルからネット配信へと移行した現代と違い、昭和の時代には、金曜ロードショーとか、日曜洋画劇場といった、特番ではなく、21:00 ~23:00の準ゴールデンタイムに毎週放送するテレビ映画枠というものが各局にあっ...
思い出の曲

思い出の曲 73曲目 池田政典「ハートブレイカーは踊れない」

アイドル歌手として振り切れなかった池田政典 1986年8月リリース、後に俳優として活躍する池田政典のデビュー曲。 あの千葉真一が設立したアクション俳優を養成するJAC(ジャパンアクションクラブ)の12期生であり、甘いマスクとスマートな体...
思い出の曲

思い出の曲 72曲目 ジョー山中「明日への叫び」

時代を映した「あしたのジョー」 この「明日への叫び」は、1880年に公開されたアニメ映画「あしたのジョー2」の主題歌。 「あしたのジョー」は、日本犯罪史に残る3億円事件とか、沖縄返還とか、ビートルズ旋風とか、世界初のカップ麺が日本で誕生...
思い出の曲

思い出の曲 71曲目 X JAPAN「Sadistic Desire」

80年代末に出現して猛威を振るった超大物! 幼稚園の頃からの幼馴染で、小学校の高学年で洋楽ロックバンドの会話をしていたという、かなりの強者YOSHIKIとToshiを中心に結成。 濃密で激しいバンド活動からメンバーが流動的に入れ替わった...
思い出の曲

思い出の曲 70曲目 安全地帯「ダンサー」「ブルーに泣いてる」「ガラスのささやき」

安全地帯のブレイクからピークまでを支えたアルバムの名曲達 1983年11月の「ワインレッドの心」でようやく売れた安全地帯。その後の2年間で「恋の予感」「熱視線」「悲しみにさよなら」「青い瞳のエリス」と連続ヒットを飛ばし、トップアーティスト...
思い出の曲

思い出の曲 69曲目 中森明菜「DESIRE-情熱-」

スーパー女性シンガー「中森明菜」の代名詞! 1986年リリース、中森明菜14枚目のシングル。 このコーナーは、私が特に思い入れのあるアーティストやバンドを除き、基本1曲のピックアップに何となくしているんだけど、ファンだった以外の人達の曲...
思い出の曲

思い出の曲 68曲目 「アフターバーナー」と「スーパーハングオン」のBGM

体感ゲームと呼称されたゲームセンターの王様達 「アフターバーナー」と「スーパーハングオン」は、どちらも1987年にセガから発表された大型筐体のアーケードゲームで、レバーやボタンだけでなく、身体でバイク型筐体を傾けて操作したり、ゲーム画面に...
思い出の曲

思い出の曲 67曲目 PSY・S「ファジイな痛み」と「LEMONの勇気」と「From The Planet With Love」

オタクご用達のデジタルバンド PSY・Sは、「サイズ」と読み、私が高校生だった1980年後期に、一部のマニアック気質(=オタク)からの支持が高かったバンドだ。 アニメ「シティーハンター2」の主題歌になった「Angel Night〜天使の...
タイトルとURLをコピーしました