名作漫画紹介

名作漫画紹介

名作漫画紹介 11冊目 岩明均「寄生獣」

タイトルからして風格漂う名作中の名作「寄生獣」 遠い宇宙から地球に飛来した異星人(寄生生物)が、本来の目的である脳を奪えずに、主人公の右手に寄生することになってしまった「ミギー」と、その状況に苦悩しながらも、幾多の障壁を経て人間的成長を遂...
名作漫画紹介

名作漫画紹介 10冊目 魔夜峰央「パタリロ!」

まれに見る長寿漫画 1978年から2019年現在まで41年間も連載が続いているという、にわかには信じられない漫画作品。 ダイヤモンド産業を基幹産業として潤う架空の王国、マリネラ王国の少年国王で、守銭奴で変人で変態で超能力者で非常識で馬鹿...
名作漫画紹介

名作漫画紹介 9冊目 おおひなたごう「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」

タイトルだけでは中身が想像しにくい! 2012年~2018年まで月刊コミックビームで連載。2014年にはアニメにもなった。 食事に対する細かい拘りが強すぎるあまりに、ついキレてしまう、ややサイコパスな青年と、そんな変人が彼氏で苦労する女...
名作漫画紹介

名作漫画紹介 8冊目 東村アキコ「東京タラレバ娘」

平成の恋愛結婚事情をザクっと切り出した漫画! 2014年~2017年に月間漫画誌「Kiss」で連載された東村アキコの漫画。 マズマズ美形に入る容姿に恵まれ、社会人として立派に生計を立て、若い頃にはそれなりの恋愛経験がありながらも、その後...
名作漫画紹介

名作漫画紹介 7冊目 佐々木倫子「動物のお医者さん」

過去にもこの先にも、マズ無いであろうの舞台! 1987年から1993年にかけて、隔週発刊の少女漫画雑誌「花とゆめ」に連載された、佐々木倫子の漫画。 佐々木倫子は、北海道旭川市出身で、少女漫画を作品発表の場としながらも、「ペパミント・スパ...
名作漫画紹介

名作漫画紹介 6冊目 鳥山明「ドラゴンボール」

これぞ正真正銘の日本一の漫画! 「Dr.スランプ」で少年漫画界の新しい時代を切り開いた鳥山明が、その終了後に間髪入れずに連載を始めたのが、この、今や世界一有名な漫画と言っていい「ドラゴンボール」である。 主人公の「孫悟空」という名前から...
名作漫画紹介

名作漫画紹介 5冊目 押切蓮介「ピコピコ少年」

70~80年代生まれなら絶対に共感! 作者の本名である「神崎良太」が、幼少期から成人に至るまでのテレビゲームにまつわる人生体験や、数々の思い出、またゲームへの溢れ出るエネルギーを綴った自伝漫画。 単行本の帯にはこうある。 「あの頃、ゲ...
名作漫画紹介

名作漫画紹介 4冊目 しげの秀一「バリバリ伝説」

バイク漫画の古典的存在! 「バリバリ伝説」は、1983年から1991年まで、週間少年マガジンに連載されて絶大な人気を博し、当時のバイクメンに多大な影響を与え、まだ珍しかったビデオアニメにもなった。個人的には、ベストオブ・ザ・バイク漫画だと...
名作漫画紹介

名作漫画紹介 3冊目 水野トビオ「パッパカパー」

まずは私の競馬歴を… 私は、かつて競馬が大好きだった。 今は、せいぜい年末の有馬記念しか買わないので、博打からは足を洗ったというか、競馬から引退したと言っていいと思う。 競馬というものは、買ったレースは全部当たると思って資金を投入して...
名作漫画紹介

名作漫画紹介 2冊目 井上雄彦「SLAM DUNK」 

史上最高のバスケ漫画でありスポーツ漫画だが… アニメ化やゲーム化もされ、誰もが知るジャンプスポーツ漫画の金字塔かつ、バスケ漫画のパイオニアでもある「SLAM DUNK」だが、好きなキャラは誰?という質問に一番答えにくい漫画ではないだろうか...
名作漫画紹介

名作漫画紹介 1冊目 吉田秋生「BANANA FISH」

少女漫画界の異端児かつ最高傑作! 世の中に「名作」と呼ばれる漫画作品は数あれど、「BANANA FISH」はその骨太なストーリー展開、主人公「アッシュ」を始めとするキャラクター造形の魅力、シャープで繊細な絵柄、それらが抜群にマッチした傑作...
タイトルとURLをコピーしました